Hope for Women, Future for Children…Mission Navi

女性に希望を 子どもたちに未来を ミッションなび

 

2006年、ミッションなびは沖縄発の海外宣教を夢見る女性たちの小さな祈り会からスタートしました。そして一年後の2007年、貧困や差別、社会的困難に直面する女性や子どもたちを、イエス・キリストが与える希望そして将来へと導くために、「普通の女性たち」が奉仕する宣教グループを結成。名前は、昔の沖縄女性の一般的な名前「なびぃ」と「道案内・ナビゲーター」のふたつを意味するミッションなびとしました。

ミッションなびは、NPOのようにある特定のプロジェクト活動を行う団体ではありません。でも、子どもや青年宣教、また女性のためのミニストリーの助けを必要とする教会や団体、宣教師を支援することを使命としています。

主なる神は、有能な「助け手」として女性を創造されました。ミッションなびもまたアジア宣教の良き助けとして、教会そして宣教師の働きを支えアジア宣教の力となります。

 

In 2006 five ladies from Okinawa started a prayer group with the desire to involve in cross-cultural mission in Asia started praying. A year later, in 2007 the group was formed as ‘Mission Navi’ with the vision to lead women and children who are facing societal challenges, poverty and discrimination hope and future through Christ.

 

Unlike NPO/NGO’s, we do not own projects but serve as mission partners by raising funds for selected projects and support specific ministry run by churches and missionaries. Mission Navi also serves as ministry partners by sending short-term missions team to serve as volunteers.

 

As God has created women to be competent helper, we aim to become helper in strengthening mission work in Asia.